うつ病


うつ病やストレス、苦悩は一時的な治療可能な精神的損傷の一般的な原因です。

症状が医学的な疾患のうつ病と混同されるため、高齢者におけるうつ病はしばしば見落とされます。


うつ病は老化によくあることの一部であるとも考えられています:

National Mental Health Association(ナショナル メンタル ヘルス アソシエーション)は、58%以上の高 齢者はうつ病は老化に付随されるものと考えていると報告しています。

高齢者が健康状態の変化、転勤、愛する人の喪失のような困難な経験をしているかもしれないけれど、もしこれらの生活の変化に伴う悲しみがいつまでも残るならば、それは臨床的うつ病として診 断されるでしょう。


人生後期のうつ病はおよそ 600 万人の人に影響を及ぼし、その大部分 が女性ですが、その状態に対し治療を受けているのはたったの約 10%です。

うつ病は深刻な因果関係を持っています。

それは日常生活から楽しみを取り除き、免疫機能に障害が生じることで他の病状を悪化させ、自殺に導きさえすることがありえます。

実際に高齢者は自殺の危険性が最も高いと考えられます。(高齢者の自殺率は、国全体の自殺 率の 50%以上です)。

循環器系障害 虚血性脳卒中-



心臓疾患または脳卒中のような循環器系障害は、血流が低下することで脳細胞に有効な酸素を送ることを制限します。自分は大丈夫であると感じている人の多くも、動脈にプラークが蓄積している場合(アテローム性動脈硬化症)があり、これ最終的に脳への酸素供給を制限します。


脳卒中で最も一般的なのは虚血性発作であり、それは血塊が脳に運ばれて血管または毛細管に留まった結果です。その結果、酸素が欠乏することで脳細胞は死にます。

一過性脳虚血発作(TIAs)とは、血流が数時間から1日に渡り妨げられた時に引き起こさ れる軽度の脳卒中で、障害は永久に残りません。


TIAs は、さらに深刻な脳卒中(以下に挙 げる)を予防するために治療が必要であるという重要な警告信号です。

出血性脳卒中-このタイプの脳卒中が発生するとき、毛細血管は徐々にもろくなり破裂し て、脳細胞に大量出血が起こります。


・ 脳卒中は高齢者に非常に多く、75%は 65 歳以上の人に起こっています。

症状は、影響 を受けた脳の部位によって決まり、運動障害、構音障害、思考能力の障害

を含みます。


・ 通常、老化は脳の灌流(血行)欠損をつくります。

したがって脳の血液循環を改善する 栄養素は健康的な人に対してさえも非常に重要で

す。OCHSI が推奨する特定栄養素は、 精神的機能の長期的な回復、特に短期記憶、構音

障害、集中力、学習能力を改善すると 証明されています。


・ 30年にわたる双子の男性の研究は、中年期に上昇した血圧が男性の脳の老化を加速し、

将来脳卒中にかかりやすくなることを示しました。さらに血圧が中程度に上昇した男性

は、血圧の上昇がなかった双子の兄弟よりも、脳体積が低下しと脳卒中の危険性が増加

しました。


総合的な健康改善への第一歩のために、加齢に関連した精神的損傷を予防、または最小に

することが勧められます。

規則的な運動、タバコの節制、血液脂質濃度の観察は、動脈を健康な状態に保ち十分な酸素と栄養素を脳に供給し、よって脳卒中と心臓病の危険性を低 下させるでしょう。


規則的な運動は精神的機能を平均 20%から 30%向上させます。

過剰なアルコールまたは薬 剤の使用を止めまたは最小限にすることもまた、精神的機能の保護することができます。


人間は年をとるにつれて食事量が低下する傾向があるため、低脂肪の栄養豊富な食品の摂

取が効果的です。

栄養豊富な食餌は認知障害を予防し、既存の症状を良い方向へと導くの を助けます。

科学的臨床的研究は、表 8 に示される栄養素を含む総合的健康補助製品を規則的に使用することは、脳に滋養分を与え、認知機能の改善に大きな効果を与えるでしょ う。


表 8.脳機能のための最適栄養素

・ DHA

・ イチョウ葉抽出エキス

・ バコパ・モニエラ抽出エキス

・ CoQ10

・ アセチル L カルニチン

・ アシュアガンダ抽出エキス

・ ジメチルアミノエタノール

・ ビルベリー抽出エキス

・ パンテチン

・ ゴツ

・コーラ抽出エキス

・ 銅

・ 亜鉛

・ マンガン

・ スーパーオキサイドディムスターゼ


うつ病は「心の弱さからくる病気ではない」専門家(2020年10月3日)

https://youtu.be/ZH2oVqP0UNk

自殺との関連が高いといわれているうつ病。

そのうつ病の原因となる物質を作るウイルスの遺伝子を発見した専門家は「心の弱さからくる病気ではない」として治療を呼び掛けています。

ヒトヘルペスウイルス6B(HHV-6Bという遺伝子が、うつ病を発症させるという事が判明しました。

HHV-6Bは、赤ちゃんの熱性発疹症の原因ウイルスですが、突発疹を引き起こすそうです。

大凡2歳までにほぼ100%の人が感染します。

さらにその後95%以上で潜伏感染するこということが知られています。


東京慈恵会医科大学の研究グループは、HHV-6Bがヒトの脳にある「嗅球」に潜伏する際にできる遺伝子「SITH-1」に着目しました。

嗅球は臭覚の情報処理をする器官とのことですが、SITH-1が細胞内にカルシウムを取り込むことで、嗅球の神経細胞が死んでしまうそうです。

研究によればHHV-6Bの脳内侵入・増殖が加速し、脳のストレス反応が強まり、うつ病を発症するとの見解です。

日常生活での疲労やストレスがうつ病の引き金になる観点からみて、腑に落ちる内容と言える出よう。

今後、ウィスルス感染がベースにあると証明できれば、これまでより精度の高い予防法や治療法も期待できるでしょう。

X39が発売されるまでは、販売セール1位の商品でしたが、未だにその人気は健在です。

Y-Age イオンパッチは、かつてないほどユニークな製品です。

ライフウェイブが実施した臨床研究 では、パッチには次のような利点があることが判明し ました。

・身体のストレスを軽減するための臨床試験

・炎症を減少させる臨床試験 ・便利で使いやすい

・体内に薬品が入らない ・自律神経調整のサポート

・精神統一が必要とされるスポーツのサポート


Y-Age イオンパッチが結果を得る ライフウェイブでは研究が最優先事項なので、当社の製品は厳しい試験を受けています。

Y-Age イオンパッチも例外ではありません。

パッチの有効性を示し、この画期的な製品の大きなメリットを明らかにするための調査が 実施されました。



Y-Age イオンパッチは細胞器官機能を改善します。

(2010 年) Sherry Greenberg、MA、PhD ライフウェイブの研究は結果を示しています。 臨床試験では、パッチ適用のわずか 10 分以内に自律神経系の平衡が示されました。

これは静かでストレスのない状態の結果です。


23 visninger0 kommentarer

Siste innlegg

Se alle

重要事項:当サイト  https://www.terrasu4771.comはLifeWaveのパッチを使って医学上の主張をしておらず、目的は、ライフウェイブ社が提供するフォトセラピーパッチを詳しく説明するサイトです。したがって適切な免許を持った医療従事者による適切な診断と治療の代わりになりません。会員および非会員は、特定のケースに対する特定の治療について資格のある医療従事者に相談することを強くお勧めします。

©© Copyright®™
thKE3V4CQ2.jpg
th6V5VU1YN.jpg
th8RI3UL16.jpg
th06179X3H.jpg
スクリーンショット (19).png
  • Facebook
  • YouTube

©Shigezou terrasu. Proudly created with Wix.com