骨の健康


日本人のうち約 1000 万人が骨粗鬆予測されています。

日本人は、強度の骨と関節の成長 と維持という 2 つの主要因子として、食餌によるカルシウムと規則的な運動の重要性に十 分気が付いています。

歴史的に、日本食に含まれる主なカルシウム資源は小魚の骨にあり、そしてそれは規則的

な食餌の一部として多様な方法で消費されていました。

しかし食生活が西洋化、カルシウム消費がより多様化されるにつれ、これは変化していきました。

たとえ典型的な食事がカ ルシウムの豊富な酪農場食品を含み、一日の平均カルシウム摂取量が過去 50 年で二倍以上 になったとしても、平均的日本人の食事に含まれるカルシウムは今もなお不足しています。


さらに若者のアマチュアスポーツと同じくらい手軽に利用できる多数のスポーツジムがあ

るとはいえ、系統的な運動は特に成人にとって一般的ではありません。

しかし日本人の多くは、典型的な大都市への通勤のように日常的な速い速度歩行により、あるいは日常の労 働を通して完全な健康状態を保つ傾向があります。

概して、比較的少ない脂肪と適切なカロリーを摂取できる食事を組み合わせれば、典型的

な現代の日本人は、骨と関節の健康を維持することができます。

しかし懸念する必要性は

年齢と共に増加し、健康的な骨と関節の管理に対する関心は年齢と共に強くなっていくの はもっともな事です。

上記のように、強い骨を形成し維持するのを助けるように、日常的にカルシウムの豊富な

食品を摂取する必要があることを日本の消費者はよく知っています。

日本の成人に推奨さ れる、カルシウムの 1 日平均摂取量は 604mg です。

しかし 1996 年に実施された調査から 最近発表された国立栄養研究所(National Institute of Nutrition)のデータでは、平均 573mg のカルシウムしか消費されておらず、それは実際前年よりもわずかに下回わってい たことを明らかにしました。

カルシウムは、国民全体から見た平均日本人の食事において 1日の推奨摂取量に足りていない唯一のミネラルです。


日本政府は数年の間、人々がさらにカルシウムの豊富な食品の消費を奨励するために、カ

ルシウムの供給源に関して特別な制限は行なわず公衆のキャンペーンを促進してきました。

日本の企業はカルシウムを強化した広範囲にわたる製品を発表し、それによって年間の全

国栄養調査はカルシウムの豊富な食品の入手と消費の増加を最終的に反映すると期待しま した。しかし今のところそのようなことは起こってきていません。

日本の人口は高齢化を続け、また日本人女性は骨粗鬆症を発症する危険性が高いという事

実により、ピーク時の骨質量を最大化するために、可能な限り早い段階で、骨に対する栄 養素を摂取し始めることが賢明です。

成人の骨質量は、ピーク時の骨密度である骨格成長間に達成された最大限の量とその後の

段階の骨喪失の量に基づきます。


近年まで骨粗鬆症予防のための多くの試みは、ピーク時の後に続いて起こる骨の喪失を最小にすることに向けられてきました。

しかしピーク時の骨密度の増加が将来の骨粗鬆症危険性を低下させるという情報が与えられ、ピーク時の骨質量に影響を及ぼす因子に注意が払われています。

上記のような推移は、子供および若者 の時期に予防するという試みに結びつきました。

骨質量の大部分は生後 20 年間に成し遂げられます。

骨格の急速な成長は胎児期と幼少期に 起こり、一方子供時代は安定し、思春期にかけゆっくりと成長する傾向があります。

青春期の成長の間、若者たちの全骨質量は 60%に達成します。

少量の骨密度の増加は 30 歳前後 まで続きますが、骨格成長は 18 歳までにほとんど完成しています。



女性では 30 歳位から 更年期の間で、総骨質量が最小限度まで変化する傾向があります。

しかし大部分の女性は、 更年期後の数年で骨質量が低下し、閉経を通して急激な骨喪失を経験します。

カルシウムに加えて他のいくつかの栄養素が正常で健康的な骨の成長にとって不可欠であ

ることが証明されてきています。

総合的健康補助製品は、最適な骨の健康を確保するために、臨床的に効果的で適切な濃度と割合で、表 9 の栄養素を含まなければいけません。

表 9.最適な骨の健康に対する栄養素


・ カルシウム

・ マグネシウム

・ ホウ素 ・ 亜鉛

・ 銅

・ ビタミン C

・ N アセチル D グルコサミン

・ マンガン

・ シリカ(オーガニック)

・ ビタミン D

・ ビタミン K1


総合的健康補助製品は日本人が患う多くの疾病と障害を予防し、統制するのに役に立つも

のでなければいけません。

さらには視力や記憶力、認識判断力、肝機能、美肌などの多く の一般的な状態を向上することができなければいけません(表 10)。

表 10. 総合的健康補助製品におけるその他の健康促進作用

・視覚 ―視力、白内障、黄斑変性、緑内障の改善 ・前立腺の健康 ― 良性の前立腺肥大

症、前立腺癌の予防

・肝機能 ― 解毒経路の改善、肝臓癌の予防

・糖代謝 ― 低血糖または高血糖の調整を助ける

・副腎皮質機能 ― 副腎疲労の減少、ストレス統制の改善

・虚血-再潅流 ― 運動またはストレスに起因する組織損傷の減少

・更年期 ― ほてり、感情変化、寝汗の症状の減少

・月経前症候群 ― 感情変化や筋痙攣の症状の減少

・出生異常 ― 神経管欠損症の可能性の減少

・妊娠 ― 子癇前症の可能性の減少

・味覚-味覚認識の改善

・甲状腺 ― 甲状腺機能低下症の改善

・胸部 ― 乳癌の予防

・腸 ― 大腸ガンの予防

・身体機能 ―持久力と体力、早期回復の改善

・受精 ―精子数および活動力の向上

・肌-活気に満ちた、輝きのある美しい肌

11 visninger0 kommentarer

Siste innlegg

Se alle

重要事項:当サイト  https://www.terrasu4771.comはLifeWaveのパッチを使って医学上の主張をしておらず、目的は、ライフウェイブ社が提供するフォトセラピーパッチを詳しく説明するサイトです。したがって適切な免許を持った医療従事者による適切な診断と治療の代わりになりません。会員および非会員は、特定のケースに対する特定の治療について資格のある医療従事者に相談することを強くお勧めします。

©© Copyright®™
thKE3V4CQ2.jpg
th6V5VU1YN.jpg
th8RI3UL16.jpg
th06179X3H.jpg
スクリーンショット (19).png
  • Facebook
  • YouTube

©Shigezou terrasu. Proudly created with Wix.com