脳の機能①


老化という自然の過程に伴い、人間は総合的な認知(脳)機能において進行性の低下を感

じます。

これにより、記憶したり短期記憶から検索する能力、抽象的に推理したりまた新しい情報を容易に学習する能力が喪失されます。

多くの神経疾病もまた老化と直接的に関連しています。

老化はいくつかの点で認知機能に悪影響を与えます:


・生涯を通じ蓄積する脳内の活性酸素損傷

・ライフスタイル、食餌そして栄養素吸収の変化による重大な栄養不足

・40 歳を超えてからの重要なホルモン値の著しい減少

・脳細胞が利用できる酸素の減少

(アテローム性動脈硬化症や心臓疾患・喫煙・過度の飲酒・薬物濫用・少ない運動量・乏しい食餌やストレス)

・脳細胞のエネルギー生産の減少


これまでに発表された数多くの研究は、認知機能の低下は統制できると評価されました。

予防は最適な脳機能を維持するのを助けると示すという研究もあれば、平均的な老化ある

いは脳卒中のような老化に特有の疾病よって引き起こされる認知障害を回復する際の重要 な効果を示す研究もあります。


老化と関連した神経障害は、記憶喪失や老人性痴呆症、アルツハイマー病、痴呆症のよう

に様々な形で現れる可能性があります。

痴呆症は、神経細胞の損傷と関連したこれらの疾 病を含み、少なくとも 2 つの複雑な行動領域における喪失と定義されます。

これらは、言語、記憶、視覚と空間能力、判断が含まれます。


疾病は日常の仕事の能力を激しく妨げるにちがいありません。

痴呆症は老化と関連した精神的損傷のなかで最も深刻なものであり、それが顕著に表れるまでにゆっくりした緩やかな経過をたどり、ときには何ヵ月もまたは何年もかかる場合があります。

症状は脳のどの範囲が影響を受けているかによって非常に異なります。

一般的な老化と関連した精神的損傷と、疾病の過程が明確な痴呆症のような健康状態を区

別することは重要なことです。

全ての記憶障害または認知困難が、痴呆症やアルツハイマー病、または他の精神疾患を表しているというわけではありません。

多くの記憶力の変化は一時的で、生理的要因よりむしろストレス、化学物質へさらされることおよび/あるい は粗末な食事のような環境要因に関係があります。


重要なのは、深刻な認知的疾患は老化に伴うやむを得ない結果として片付けてはいけない

ということです。

役立つ指標としては、深刻な精神的損傷を患う多くの人々は、彼らの障害が周囲の人々に明らかであったとしても、彼ら自身は問題があると認めたり認識したりできないということです。


ALEVIDAテクノロジーパッチは、松果体で産生されるペプチドであるエピタラミンを高めるように設計されています。

これは、製品トレーニングウェビナーの1つでDavid Schmidtによって述べられました。

松果体は非常に小さな腺で、脳の中心に位置し、概日リズムの維持と生殖ホルモンの調節を助けるホルモンであるメラトニンの生産で主に知られているエンドウ豆の大きさです。

すべての人造ペプチドバージョンのように、回避したい合成バージョン(人造)

エピタロンは、ロシアの科学者ウラジミール・カビンソン教授によって作成されました。

ヒトの臨床研究では、エピタロンとエピタラミンの両方が、60〜65歳と75〜80歳の人々の血球のテロメア長を有意に増加させ、それらの有効性は互いに匹敵していました。

テロメアは、細胞が分裂するときにDNAが適切にコピーされるようにするために重要な役割を果たします。


したがって、アンチエイジングと健康を維持する能力に結び付けられます。

アラビダパッチには、エピタラミンのレベルを体内で自然に必要なレベルに戻す潜在的な利点があります。

31 visninger0 kommentarer

Siste innlegg

Se alle

重要事項:当サイト  https://www.terrasu4771.comはLifeWaveのパッチを使って医学上の主張をしておらず、目的は、ライフウェイブ社が提供するフォトセラピーパッチを詳しく説明するサイトです。したがって適切な免許を持った医療従事者による適切な診断と治療の代わりになりません。会員および非会員は、特定のケースに対する特定の治療について資格のある医療従事者に相談することを強くお勧めします。

©© Copyright®™
thKE3V4CQ2.jpg
th6V5VU1YN.jpg
th8RI3UL16.jpg
th06179X3H.jpg
スクリーンショット (19).png
  • Facebook
  • YouTube

©Shigezou terrasu. Proudly created with Wix.com