心臓の老化を回復

食材中のL-カルニチン含有量の代表値


ヤギ 2210

仔羊(ラム) 1900

鹿肉 1174(ラムの2.44倍)

牛肉 1180

豚肉 274

鶏肉 80

ロブスター 270

岩ガキ 243

鯨肉 134

牛乳 55

ヨーグルト 411

牛乳 40

マグロ 34

鮭 31

ブロッコリー 4.8

アボカド 4.0



 老化の影響は、心臓ミトコンドリアの細胞のエネルギー活性と呼吸速度により劇的に表さ れます。

細胞エネルギーと呼吸は高齢集団では 40%近く減少しました。


アセチル L カルニ チンが投与されると、心拍数は若者集団の代謝機能レベルにまでほぼ完全に回復されました。この研究はミトコンドリアの基質運搬に必要な鍵的仲介物であるカルジオリピンの心 臓ミトコンドリア量が、高齢者集団では著しく減少したことを示しました。


アセチル L カ ルニチンによる治療は老化に関連したカルジオリピン量の減少を回復させました。

この新 たに証明されたメカニズムは、なぜアセチル L カルニチンが人間の鬱血性心不全の治療に 非常に効果があるのかを説明するのに役立っています。


脳の保護



老化は脳の細胞代謝に変化をもたらします。アセチル L カルニチンは脳細胞損傷のいくつ かのメカニズムに対抗すると示されてきました。新たな研究はアセチル L カルニチンが細 胞のエネルギーサイクルを維持することにより、一時的な脳虚血を予防することを示しています。



最近の他の研究は、アセチル L カルニチンがグルタミンとアンモニアに誘発された毒素から脳細胞を保護することを証明しています。

アセチル L カルニチンの緊急使用 動物の脳卒中モデルにおいて、11 ポイントの神経障害評価法が、プレセボ集団に対するア セチル L カルニチンの治療経過に対して行われました。アセチル L カルニチンは、著しい 改善を示し治療された動物において、虚血性障害に対抗する脳細胞を保護し神経を改善すると証明されました。

この研究はアセチル L カルニチンが将来、完全回復の見込みのない 患者の予後を改善するために、心疾患回復センターや緊急治療室で使用される可能性を示 唆しています。

神経の再生



セチル L カルニチンは神経損傷後の再生を促進するかもしれません。科学者は手術によ り神経を切断し、損傷時に起こる典型的なモーターニューロン再生を観察しました。アセ チル L カルニチンは損傷されたモーターニューロンの再生に対して極めて神経を保護する 効果がありました。この観察は、モーターニューロン再生と神経増殖を誘発する可能性に

関するより良い仮説を立てることを科学者に促しました。これらの発見は神経機能障害患 者における実践的な教訓となっています。


アセチル L カルニチンが胎児期アルコール症候群に繋がるアルコールに誘発された脳細胞 の変化を防ぐことを証明しました。この研究を行った研究者はアセチル L カルニチンが、 アルコールの神経毒性効果から脳細胞を保護することにより、非直接的抗うつ効果がある 可能性を指摘しました。

多くの抗ウィルス性 HIV 薬が末梢神経障害の一因となる可能性があることは良く知られて います。ロンドンの医師はアセチル L カルニチンを用いた治療が、薬物誘発による末梢神 経障害の治療を助ける可能性を述べました。


糖尿病患者の神経再生と神経障害に関連した 2 つの研究において、アセチル L カルニチン は実験的外傷後の神経再生を加速させました。

最初の研究では、イリノイのハインズ VA 病院の医師はアセチル L カルニチンにより治療された糖尿病患者が、グルコースやインスリ ン、遊離脂肪酸値に対し悪影響を与えることなく、正常な神経状態速度を維持したことを 証明しました。

これらの観察により、科学者はアセチル L カルニチンが実験的外傷後に神 経再生を加速させることができると結論を出しました。

他の研究では、日本の名古屋医科大学の医師らはカルニチン欠乏が糖尿病性神経障害の病原論と関連していることを証明し、アセチル L カルニチンがこのタイプの神経障害を治療する可能性があることを結論付けま した。

典型的に、糖尿病患者はこの疾病を患っている間、様々な時期に末梢神経障害を患います。

科学者はいくつかのメカニズムが糖尿病患者における神経障害を作り出すことを知ってい ます。


1997 年、フランスの医師は糖尿病性神経障害にもっとも有望な治療は、抗酸化剤と アセチルLカルニチンを含むと言及した研究を発表しました。糖尿病患者に特有の酵素はL カルニチンの細胞合成を減少させるようです。

アルツハイマー病の治療におけるアセチル L カルニチンに関する報告はより有望です。

カ リフォルニアのスタンフォード医科大学のプレセボ対照研究は、62 歳未満のアルツハイマ ー病患者が62歳以上の患者よりもアセチルLカルニチンからより効果を得たと示しました。


この科学者はアセチル L カルニチンが若者においてアルツハイマー病の進行を遅らせるこ とを結論付けました。

これは重要な研究ですが、この研究では評価されなかった 62 歳以上 のアルツハイマー病患者も、神経に対し利益を与えるものとしてアセチル L カルニチンを 考慮に入れると良いでしょう。



24 visninger0 kommentarer

Siste innlegg

Se alle

重要事項:当サイト  https://www.terrasu4771.comはLifeWaveのパッチを使って医学上の主張をしておらず、目的は、ライフウェイブ社が提供するフォトセラピーパッチを詳しく説明するサイトです。したがって適切な免許を持った医療従事者による適切な診断と治療の代わりになりません。会員および非会員は、特定のケースに対する特定の治療について資格のある医療従事者に相談することを強くお勧めします。

©© Copyright®™
thKE3V4CQ2.jpg
th6V5VU1YN.jpg
th8RI3UL16.jpg
th06179X3H.jpg
スクリーンショット (19).png
  • Facebook
  • YouTube

©Shigezou terrasu. Proudly created with Wix.com