ビタミン不足は、生活習慣病の危険因子のひとつとなる



米国医師会は全ての成人に少なくとも 1 日 1 種類のマルチビタミンを摂取するように勧告 しています。これは長年にわたる抗ビタミンに対する考えとは正反対です。

ハーバード大学のロバート・フレッチャー博士とキャサリン・フェアフィールド博士によれば、ビタミンの効果に対する医師の理解は急速に進展してきています。


ビタミンを十分に補給している人は癌や心疾患、骨粗鬆症のような一般的な慢性疾患を患うリスクが少ない ようであることは今や明らかになっています。

JAMA(アメリカ医学学会誌の総称で、栄養補助食品関する一番の権威である)が過去にビ タミンに関して包括的な見直しをしたのは約 20 年前でした。



それは健康な人はマルチビタミンを取らなくても良いというものでした。

JAMA は、人は食事により全ての必須栄養を 取ることができ、特定ビタミンを健康補助食品で取る必要の可能性があるのは妊婦と慢性 的な障害を持つ人であると忠告しました。

その時期にビタミンに関する知識がまさに拡大し始めました。出生異常と心疾患を予防す る際の葉酸の重要性は未だ知られていませんでした。

壊血病や脚気のようなビタミン欠乏症候群は西洋諸国ではまれです。しかしながら典型的

なビタミン欠乏症を引き起こす数種のビタミン不足は、慢性的な生活習慣病の危険因子の ひとつで、日本の一般国民、特に高齢者によくみられます。



ビタミン B6 と B12 欠乏を伴 う、葉酸の欠乏は、心疾患や神経管欠損症、大腸癌、乳癌の危険因子です。ビタミン D 値 が低いと骨減少や骨折の原因となり、抗酸化ビタミン(ビタミン A,E,C)の値が低いと、様々な慢性疾患を患う危険性を増加させるでしょう。


ほとんどの日本人は、食餌だけで全てのビタミンを最適な分量で摂取していません。無作

為実験からの効果に関する力強い証拠により、成人や子供はビタミン栄養補助食品を摂取 することに対し慎重のようです。

多くの人々はバランスの良い食事をしておらず、ストレスが継続的に与えらる世界で生活

しているので、栄養不足を予防する完全な範囲の栄養素を供給できる総合的栄養補助製品 が必要です。


たとえば CoQ10 や全てのビタミン B の治療量は、食物をエネルギーに効果的 に換える能力を回復することができます。栄養補助製品はまたリコピンやルテイン、グレープシードエキス、パインバークエキスのような健康を保護するのに重要な酸化防止剤も含んでいなければいけません。


これらの天然成分は身体がストレスを対処するのを助けることにより健康な状態を維持するのを助けます。これらの処方は健全な免疫システムを維 持するのを助けるためのビタミン C、A、E、銅、鉄、亜鉛、セレニウム、βカロチンのよ うな特定の栄養素も含有しなければいけません。

36 visninger0 kommentarer

Siste innlegg

Se alle

重要事項:当サイト  https://www.terrasu4771.comはLifeWaveのパッチを使って医学上の主張をしておらず、目的は、ライフウェイブ社が提供するフォトセラピーパッチを詳しく説明するサイトです。したがって適切な免許を持った医療従事者による適切な診断と治療の代わりになりません。会員および非会員は、特定のケースに対する特定の治療について資格のある医療従事者に相談することを強くお勧めします。

©© Copyright®™
thKE3V4CQ2.jpg
th6V5VU1YN.jpg
th8RI3UL16.jpg
th06179X3H.jpg
スクリーンショット (19).png
  • Facebook
  • YouTube

©Shigezou terrasu. Proudly created with Wix.com