グルタチオンは免疫系をサポートします


免疫細胞は、代謝的に高い反応性を持ち、代謝回転が高くなります。

炎症性サイトカインは、活性の酸性爆発と呼ばれているように、無関係の細胞を殺すことで活性酸素を作り出します。

一方活性酸素も無関係の細胞を殺すので、さらに自身の細胞に対しても致命的になります。 活性酸素は、通常の老化に伴う免疫システムの損傷に関連してきました。

細胞内の多くの構成要素は、活性酸素による攻撃を受けやすくなっています。

活性酸素は以下により有害な効果を作り出します。


1.細胞膜脂質を過酸化物にして、その膜組織の構造上の整合性を変える。

2.膜蛋白質の微環境を維持する際に必要とされる脂質を過酸化物にする。

3.蛋白質および膜組織脂質に別々に、または並行して反応する。

4.DNAの一本鎖切断または2本鎖切断、およびクロスリンクの形でDNA損傷を作り出す。

細胞膜を構成する脂質は過酸化脂質やケトン、アルデヒドの生成の原因となる活性酸素の

攻撃を受けやすくなります。

活性酸素は、リン脂質膜内で不飽和結合の多い脂肪酸に反応し、対の 軌道電子に特徴とされる熱力学的に最も低いエネルギー状態を回復します。

始原ラジカルはたいてい水素原子を分子から分離することによりこのことを達成し、新し

い活性酸素を生じます。

その標的分子が不飽和脂肪酸であるならば、有効な分子酸素は、合成された脂肪酸ラジカルと結合し、ペルオキソ基が生じます。

そのペルオキソ基もまた非常に反応性があり、(隣接した分子からの)水素原子と結合することにより電子対形状に なり、脂肪酸ヒドロペルオキシド分子と別の活性酸素を形成します。

このプロセスの継続は一連の分子変性の原因となります-


不安定または非機能的構造における事前に過酸化された分子生成物の早期の段階。

これらの生成物は、過酸化物にされた脂質と蛋白質、および脂質と蛋白質の中で分子内と分子間のクロスリンクを促進する多数の反応性分解産物(マロンジアルデヒド、アセトン、ホルムアルデヒド、アセトアルデヒ ド、プロピオンアルデヒド、メチルエチルケトン)です。

治癒的栄養補助食品は、活性酸素から身体を保護すると知られる完璧な酸化防止効果を与 えなければいけません。

活性酸素反応は 6 つの領域に分けることができます。

1. サイトカイン、発育因子、ホルモン及び仲介的機能、分泌

2. 鉄の運搬

3. 情報発信細胞への変化

4. 転写

5. 遺伝子活性化及び/または抑制

6. ミトコンドリア機能変化、アポトーシスによる細胞の死滅。

アポトーシスは、他の細胞 からサイトカインと呼ばれる伝達分子を受け取ることに反応する際に、細胞が“自殺す る”過程です。

総合的栄養補助製品が多くの様々な酸化防止栄養素を含まなければいけない理由は、それ

ぞれが特定の種類の活性酸素を消滅させるからです。

その結果、強力で完璧な酸化防止剤を提供することで、全ての活性酸素損傷から身体を最大限に保護することができるのです。

表 3 は、OCHSI が総合的健康補助製品に推奨する全ての酸化防止剤を表示しています。


表 3.総合的健康補助製品に推奨される酸化防止剤

・ ビタミン C

・ ビルベリー抽出エキス

・ ミルクシスル種抽出エキス

・ トコトリエノール

・ スピルリナ

・ クロレラ

・ セレニウム

・ バコパ

・モニエラ抽出エキス

・ パンテチン

・ ビタミン E

・ 銅

・ 亜鉛

・ マンガン

・ バイオフラボノイド

・ 混合カロチノイド

・ グルタチオン

・ ルテイン

・ ビタミン B2

・ ターメリック根抽出エキス

・ ルテイン ・ リコピン

・ スーパーオキサイドディムスターゼ

・ アシュアガンダ抽出エキス

・ プロポリス

50 visninger0 kommentarer

Siste innlegg

Se alle

重要事項:当サイト  https://www.terrasu4771.comはLifeWaveのパッチを使って医学上の主張をしておらず、目的は、ライフウェイブ社が提供するフォトセラピーパッチを詳しく説明するサイトです。したがって適切な免許を持った医療従事者による適切な診断と治療の代わりになりません。会員および非会員は、特定のケースに対する特定の治療について資格のある医療従事者に相談することを強くお勧めします。

©© Copyright®™
thKE3V4CQ2.jpg
th6V5VU1YN.jpg
th8RI3UL16.jpg
th06179X3H.jpg
スクリーンショット (19).png
  • Facebook
  • YouTube

©Shigezou terrasu. Proudly created with Wix.com